WEEK 7

NFL
 
UPDATED 2021/10/22

3番手RBジョンソン 146y走る
ブラウンズがブロンコス下す

10月 21日 -- 第7週のサーズデイナイトはブラウンズがホームでブロンコスと対戦し、 初先発したRBダーネスト・ジョンソンがランで 146y獲得して 1タッチダウン(TD)をあげ、17-14で勝った。

オフェンスの主力に故障者が出てランニングバック(RB)は エースのニック・チャブと 2番手のカリーム・ハントがともにふくらはぎを痛めて欠場した。 3番手のジョンソンが先発起用されて期待に応える活躍をみせた。

1Q最初のランで中央突破して 20y獲得し、次のプレイでも 10y走った。 次のプレイで先制 4yTDランを決めた。

クォーターバック(QB)はエースのベイカー・メイフィールドが左肩を痛めて欠場した。 控えのQBケイス・キーナムが 2年ぶりの先発出場を果たした。 慎重にプレイして大きなミスをせずにパスを通した。199y獲得して 1TDだった。

ブラウンズはディフェンスの活躍があって前半を無失点で終え、10-0とリードした。 後半は失点したが、キーナムが 1yTDパスを決めて追加点を入れ、 リードを守って逃げ切った。

連敗を 2で止めて 4勝 3敗となった。 オフェンスはボールを 37分間支配してトータル 376y獲得した。 ランで 182y獲得した。

ブロンコスは開幕 3連勝の後、4連敗となり、借金生活に突入した。 オフェンスはトータル 223y獲得にとどまった。

QBテディー・ブリッジウォーターはパスで 187y獲得して 2TD、1インターセプトだった。

4Q最後は残り 5分半でブリッジウォーターがRBジャボンテ・ウィリアムズに 10yTDパスを決めて 3点差に追い上げたが、 続く守備でブラウンズの前進を止められずにファーストダウンを 4回更新されて残り時間をすべて消費され、 試合終了となった。


Copyright © 1996-2021 TSP21.com