NBAニュース

 
UPDATED 2021/11/10

バックス苦しむも競り勝つ
76ERSは欠場者多数で 2連敗

11月 9日 -- バックスは敵地で欠場者を多く出している76ERSと対戦し、 苦戦を強いられたが、終盤にリードして 118-109で勝った。

ヤニス・アデトクンボが 31点 16リバウンド、 グレイソン・アレンが 25点、ボビー・ポーティスが 19点 10リバウンドだった。

クリス・ミドルトンは新型コロナウイルスに感染して 5試合連続で欠場した。 ブルック・ロペスは腰痛で開幕戦に出場した後、欠場が続いている。

連敗を 2で止めて 5勝 6敗となった。

76ERSは 2日連戦で 2連敗し、8勝 4敗となった。

開幕から全試合に先発していたセス・カリーが左足に張りを訴えて欠場した。 ジョエル・エンビードは新型コロナウイルスの隔離で 2試合連続で欠場した。 トバイアス・ハリスは新型コロナウイルスに感染し、6試合連続で欠場した。 ベン・シモンズは個人的理由で開幕から欠場が続いている。 チーム練習に復帰しており、まもなく試合出場するする可能性がある。

76ERSは主力を大量に欠きながらも善戦した。 シモンズの代役を務めるタイリーズ・マクセイが 31点、 カリーの代役を務めるシェイク・ミルトンが 20点、 エンビードの代役を務めるアンドレ・ドラモンドが 17点 20リバウンド、 ベンチスタートのジョージス・ニアンが 3ポイントを 5本入れて 21点だった。

開始から攻勢をかけてリードして進め、 ニアンの 3ポイントで得点を伸ばして 2Q途中に 48-35とした。 その後はシュートが入らなくなって失速し、バックスの反撃を抑えられずに逆転を許した。

後半は接戦が続き、4Q残り 5分で76ERSが 102-101とリードした後、 バックスはポーティスが 3ポイントを入れて逆転した。

さらにパット・コノフトンが 3ポイントを決めて追加し、ジリュ・ホリデイがレイアップ、 アレンが 3ポイントを決めるなどして残り 1分で 114-107として逃げ切った。


Copyright © 1996-2021 TSP21.com