マレーシアGP  2013

 
 
ラウンド決勝レース開催地周回走行距離
第2戦2013年 3月 24日クアラルンプール56310.408km

ベッテル
マレーシアGP決勝
ベッテルが逆転優勝
3月 24日 -- F1グランプリ2013シーズンの第 2戦マレーシアGP・決勝レース 56周は ポール・ポジションのベッテルレッドブル)が 序盤のタイヤ交換で 2位に後退した後、46周目に同僚のウェバーを抜いて逆転優勝した。

開始時点でコースは部分的にウェット状態で、全車がインターミディエイト・タイヤを装着して走り出した。 ベッテルはスタート直後に先頭を走ったが、5周目にタイヤ交換して後退した。

5番グリッドからスタートしたウェバーはベッテルに代わって先頭に立ち、順調に走行した。

3番グリッドのアロンソフェラーリ)はロケットスタートを決めて 1コーナーで同僚のマッサを抜いて 2位にあがったが、マシンを接触させてフロントウィングを破損させた。 そのまま走り続けたが、2周目に入った直線でフロントウィングが落ちて走行不能となり、リタイアした。

マクラーレンバトンは 5位を走行したが、35周目のピット作業で右フロント・タイヤの装着が不十分な状態で走り出し、 ピットレーンで立ち往生した。大きくタイムをロスして 14位まで後退し、レース終了直前にピットに戻ってマシンを降りた。

ウェバーは 43周目に最後のタイヤ交換を行い、ベッテルを抑えて先頭でコースに復帰したが、引き離すことが出来なかった。

ベッテルは猛追し、46周目のメインストレート出口でウェバーと並び、S字カーブを並走しながら 3コーナーで前に出た。そのまま順位を保って逃げ切った。ウェバーは 2位に入った。

マレーシアGPの紹介・過去のレース
2012年のマレーシアGPの結果・詳細
マレーシアGP 決勝レース
1S.ベッテルレッドブル1.38.56.681
2M.ウェバーレッドブル+4.298
3L.ハミルトンメルセデス+12.181
4N.ロズベルグメルセデス+12.640
5F.マッサフェラーリ+25.648
6R.グロージャンロータス+35.564
7K.ライコネンロータス+48.479
8N.ヒュルケンベルグザウバー+53.044
9S.ペレスマクラーレン+1.12.357
10J.ベルニュトロ・ロッソ+1.27.124
11V.ボタスウィリアムズ+1.28.610
12E.グティエレスザウバー+1
13J.ビアンキマルシャ+1
14C.ピックケータハム+1
15G.ヴァンデルガルデケータハム+1
16M.チルトンマルシャ+2
-J.バトンマクラーレン+3
-D.リカルドトロ・ロッソ+5
-P.マルドナドウィリアムズ+11
-A.スーティルフォース・インディア+0
-P.ディレスタフォース・インディア+0
-F.アロンソフェラーリ+0
予選 土曜日
1S.ベッテルレッドブル1.49.674
2F.マッサフェラーリ1.50.587
3F.アロンソフェラーリ1.50.727
4L.ハミルトンメルセデス1.51.699
5M.ウェバーレッドブル1.52.244
6N.ロズベルグメルセデス1.52.519
土曜日フリー走行
1S.ベッテルレッドブル1.36.435
2L.ハミルトンメルセデス1.36.568
3A.スーティルFインディア1.36.588
4M.ウェバーレッドブル1.36.613
5K.ライコネンロータス1.36.806
6P.ディレスタFインディア1.36.807
金曜日フリー走行 2回目
1K.ライコネンロータス1.36.569
2S.ベッテルレッドブル1.36.588
3F.マッサフェラーリ1.36.661
4F.アロンソフェラーリ1.36.985
5M.ウェバーレッドブル1.37.026
6R.グロージャンロータス1.37.206
金曜日フリー走行 1回目
1M.ウェバーレッドブル1.36.935
2K.ライコネンロータス1.37.003
3S.ベッテルレッドブル1.37.104
4F.アロンソフェラーリ1.37.319
5N.ロズベルグメルセデス1.37.588
6A.スーティルFインディア1.37.769

Copyright © 1996-2013 TSP21.com