パスレイティング公式

 NFL 解説
 
 
パスレイティングとは
パスレイティングとはクォーターバックの活躍の度合いを測る目安とされる数値であり、 クォーターバックが試合で記録した数値を元に割り出される数値。

この数値にはクォーターバックの実力として重要視されるプレイコール、オーディブル、時間の支配、勝率 などの要素は反映されない。

パスレイティングをはじき出すために用いられる数値は4つ

  • パス成功率
  • 平均ヤード
  • TD率
  • インターセプト率
  • 計算機で実際に計算
    パスレイティングを実際に計算したい人はこちらを利用して下さい。 パスレイティング計算機
    パスレイティングを算出するには
    1. パス成功率の数値化 (P)
      P = (((パス成功数 / パス回数) * 100) - 30 ) * 0.05

    注 Pが 0以下なら 0。Pが 2.375を越えたら 2.375を与える。

    2. 平均ヤードの数値化 (Y)
      Y = ((パスヤード / パス回数) - 3 ) * 0.25

    注 Yが 0以下なら 0。Yが 2.375を越えたら 2.375を与える。

    3. TD率の数値化 (T)
      T = (TD数 / パス回数) * 100 * 0.2

    注 Tが 2.375を越えたら 2.375を与える。

    4. インターセプト率の数値化 (I)
      I = 2.375 - ((インターセプト数 / パス回数) * 100 * 0.25)

    注 Iが 0以下なら 0を与える。

    5. パスレイティングを求める
      PRT = ((P +Y + T + I) / 6) * 100

    PRTがパスレイティングとなる

    ※ パスレイティングの最高値は 158.34となる。
    ※ NFLと全米大学フッボールリーグではパスレイティングの算出方法が異なる。


    Copyright © 1996-2020 TSP21.com