NBAニュース

 
UPDATED 2011/6/24
NBAドラフト
アービングが 1位指名
6月 23日 -- NBA ドラフト会議がニュージャージー州ニューアークの 「プルーデンシャル・センター」で開催され、キャバリアーズが全体 1位で デューク大の 1年生ガード、カイリー・アービングを指名した。

アービングは司令塔としてチームを引っ張り、昨季は平均 17.5点、4.3アシストを記録した。 キャバリアーズは将来性を高く評価して 1位指名した。

ウルヴズは 2位でアリゾナ大のFデリック・ウィリアムズを 指名した。昨季は平均 19.5点、8.3リバウンドを記録し、アリゾナ大躍進の原動力となった。 シュート技術に未熟な部分があるが、チームを率いるリーダーとして素質がある。

ジャズは 3位でトルコ出身の大型センター、エネス・キャンターを指名した。 19歳のキャンターはケンタッキー大に所属しているが、 トルコのプロ球団から金銭供与があったために選手としてプレイすることを禁止された。 これを受けてNBA入りを決めた。

2巡 39位指名ではbjリーグの東京に所属したジェレミー・タイラーが ボブキャッツに指名され、ウォリアーズにトレードされた。

NBA / ニュースフロント / ドラフト

NBA.com ビデオ / キャバリアーズ 1位指名 アービング / ウルヴズ 2位指名 ウィリアムズ / ジャズ 3位指名 キャンター


Copyright © 1996-2013 TSP21.com