第41回スーパーボウル NFL 2006

 
UPDATED 2009/1/16
QBマニング悲願達成
コルツが 36年ぶりに頂点
2月 4日 -- マイアミで開催された第41回スーパーボウルコルツが 29-17でベアーズを下し、 36年ぶり 2回目の優勝を果たした。 プロ 9年目にして悲願を達成したQBペイトン・マニングは パスで 247yを獲得し、MVPに選ばれた。


ペイトン・マニング
会場となった「ドルフィン・スタジアム」は風雨に見舞われ、 温室育ちのコルツには不利な気象条件だったが、 オフェンスで 430y獲得し、怯むことはなかった。 ランではRBドミニク・ローズが 113y、 RBジョゼフ・アダイが 77y獲得した。

21年ぶりの優勝を逃したベアーズは トータルで 265y獲得にとどまった。 試合開始のキックオフでデヴィン・ヘスターが 92yリターンTDを決めて序盤はいい雰囲気となったが、 2Q以降は追加点に苦しんだ。

QBレックス・グロスマンはショートパスを堅実につないだが、 4Qの勝負どころで 2回インターセプトを喫し、 破壊力を欠いた。RBトーマス・ジョーンズはランで 112y獲得した。

試合は 3Q終了時点でコルツが 22-17とリードし、 ベアーズにも逆点チャンスが十分にあったが、 残り 12分でグロスマンが右サイドラインへ 浮かさせたパスがインターセプトされ、逆に CBケルビン・ヘイデンに 56yリターンTDを決められて 29-17と差が拡大した。

次のオフェンスもグロスマンのロングパスが CBボブ・サンダースにインターセプトされて 得点できなかった。 その次のオフェンスは ミッドフィールド付近で 4thダウンに追い込まれ、 WRデズモンド・クラークがパスを落として攻撃権を失った。

コルツは残り 5分からランを使って時間を消費し、 残り 1分 49秒、ベアーズ陣 16yまで進んで攻撃権を明け渡し、勝利を決めた。

恒例のハーフタイムショーはプリンスが登場し、 雨の中で「パープルレイン」を熱唱した。

NFL / ホーム / ニュースフロント
コルツ 29 - 17 ベアーズ / 第41回スーパーボウル
コルツ 全試合日程・結果 / ベアーズ 全試合日程・結果


Copyright © 1996-2014 TSP21.com