TSP21 |  スポーツ |  NFL  検索 |  Mail 
   NFL NEWS

 
UPDATED 2008/1/19
ラムズ オーナー
フロンティア死去 80歳
1月 18日 -- ラムズのオーナー、ジョージア・フロンティア(80)が 乳がんによって死去した。80歳だった。

数ヶ月前から治療を続けていたが、1ヶ月前に体調を 崩して入院した。

「フロンティアはセントルスのスポーツ関係者で最も影響力の ある女性だった。」- コミッショナー、ロジャー・グッデル

フロンティアは 7回の結婚暦があり、6番目の相手が ロサンジェルス・ラムズのオーナー、 キャロル・ローゼンブルームだった。 ローゼンブルームが 1979年に溺死したの 受けて球団を相続し、オーナーを務めた。

1995年にセントルイス移転を決断し、1999シーズンに 第34回スーパーボウル制覇を達成した。

フロンティアは セントルイス生まれで、15歳に時にカルフォルニアへ 行って最初の結婚をしたが、すぐに解消された。 2人目の結婚相手は交通事故死。3番目の 相手ともすぐに別れ、 ラスベガスで歌手として働き始めた。 4番目の相手はステージ監督だっが、3年後に離婚した。 5番目の相手はテレビ監督だった。

ローゼンブルームとは 1966年に結婚し、死別した後、 7回目の結婚をした。1988年に離婚。 子供は 2人、孫は 6人いる。

NFL / ニュースフロント /


Copyright © 1996-2013 TSP21.com